自走式立体駐車場には6つの特徴がある

自走式立体駐車場には、フラット式やスキップ式、連続傾床式の3つ方式がありますが、これらの方式には6つの共通点があるのが特徴です。自走式立体駐車場は、どのような方式でもドライバー自らが駐車スペースの空きを見つけて自動車を止めるなどの特徴がありますが、入出庫操作による待ち時間がないなどの共通点も存在します。入出庫操作は、機械式の立体駐車場との比較によりもので、機械式立体駐車場では機械操作をする作業員に自動車を駐車スペースまで機械を使い運ぶ形になりますので、混雑しているときなどは待ち時間が生じることもあるわけです。また、自走式立体駐車場は機械式駐車場と比べても車の出し入れが簡単にできる、荷物の出し入れも容易にできるなどのメリットもあります。

これに加えて、荷物を出し忘れたときにはすぐに取りに行けるメリットを持っているのも自走式立体駐車場の特徴の一つです。車高制限が設けられている施設もあるけれども、基本的に車の重量制限が緩めで屋上の場合は別ですが、建物内の駐車スペースでは雨風や直射日光などから愛車を守れるメリットもあるわけです。平面式の駐車場では、車上荒らしなどの被害に遭ってしまうこともありますが、自走式立体駐車場は防犯カメラなどの設置が行われている関係からも防犯面において優れているなど自動車を止めている間の安心も与えてくれる、これらの特徴は3つの種類に共通する部分です。また、階数によりより多くの車を駐車できる能力を向上できるなどの特徴を持っています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です